「Hirose-FX2」取引要綱

通貨ペア 全34通貨ペア
取引時間 米国が標準時間の適用時
日本時間 月曜日午前7時30分から土曜日午前6時00分
米国がサマータイムの適用時
日本時間 月曜日午前6時30分から土曜日午前5時00分
取引単位 1Lot
初回最低入金額 最低入金額の制限なし
証拠金率(レバレッジ) 25倍
取引手数料 0円
Hirose-FX2ミニは片道15円(往復30円)
口座維持手数料 無料
必要証拠金 取引金額の4%に相当する日本円(レバレッジ最大25倍)

注文機能~両建て可能

成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO 2WAY 両建て

口座開設お申込みはこちら

Hirose-FX2

ヒロセ通商では「Hirose-FX2」という商品を扱っています。

取引できる通貨ペアは34種類で、主要通貨はもちろんのこと、高金利通貨のトルコリラや南アフリカランドについて取引することもできます。

取引手数料は無料な上、スプレッドもFX業界の中でも低水準ですから、コストをかけることなく為替取引をすることが可能です。

FX取引は株のような現物取引とは違い、取引をする際には証拠金を入金する必要がありますが、この額も現在のレートに通貨のLotをかけた額の4%のみです。

レートの変動に備えてそれ以上の金額を入金している方が安全ですが、証拠金が少なくて済むので試しにFX取引を体験してみたい人も気軽に挑戦してみることができます。
例えば現在ドル円を取引する時、ドル円のレートが120円とすると120円×10,000円×4%=48,000円の証拠金が必要ですので、最低10万円程度の資金があればFX取引を始められます。

Hirose-FX2の取引システムは他社と少し違うところがあるので注意が必要です。
Hirose-FX2では成行注文でレートが滑った時に顧客が不本意な取引をしてしまわないよう、クイックトレードという注文方式を採用しています。
クイックトレードは指値での注文となります。1ポイントでも顧客に不利な方に変動した場合は約定しないようになっており、成行で約定させたい場合は許容できるスリップ幅を設定しなければいけません。
注文を出す際はウェブ上からだけではなく携帯電話からも発注できますので、外出先、仕事の合間などにレート、ポジションを確認できます。

スイスショックやリーマンショックのように相場では価格が急変することがありますが、ヒロセ通商Hirose-FX2では異常値で成立した売買については無効となります。

利益の場合は返還しなければいけませんが、損失の発生時には損失分を返還してくれるのでその点安心です。その他のヒロセ通商の商品や取引について迷った時はホームページである程度の情報を得る事が可能です。

ヒロセ通商 > Hirose-FX2